これはScala Advent Calendar 2015, Embulk Advent Calendar 2015, Couchbase Advent Calendar 2015の14日目の記事です。
昨日はOE_uiaさんの「Scala標準のPromiseがAndroidで便利だという話」(Scala),
daichikeさんの「N1QLがJSONデータモデルの柔軟さを引き出す」(Couchbase)でした。

Couchbaseへの書き込みを行うEmbulkのOutputプラグインをScalaで書いてみたのでその紹介と手探り感を記事にした。
EmbulkプラグインはJavaまたはRubyで書くことができるが、すでにJavaプラグインをScalaで書く試みをされている方はいるようで、
embulkのpluginをScalaで作ってみようと思った時の備忘録や、
実際にScalaで書かれているembulk-output-aerospikeなどを参考にさせていただいた。

GitHubリポジトリ

Copyright© 2011-2016 Shunsuke Otani All Right Reserved .